他人の行動

他人の行動

九つの人は、皆、まったく異なる思いで生きているからだ。これは知レベルや環境、文化などと無関係な異質性だ。ぞしてそうした異質性をもった人々が、寄り集まる企業などの組織でうまくゃってぃくためには、互いの個性を尊重することが前提となる。考え方を知ることのもうひとっのメリットは、他人の行動を″観察″の視点で、気楽に眺める余裕ができることだ。自分と利害関係のある他者の好ましくない行動には、とかく腹を立てたり、困ったり、ぉびぇたりするものだ。真剣に受け止めるからこそ動揺もする。しし考え方によって、各人の行動パターンを知ると、その人が、 考え方の教える通りに行動していることがゎかる。これを目の当たりにすることは、非常に興味深い。すると、今まで周囲にいっぱぃぃた「怖い人」や「苦手な人」「あきれた人」などが、人間学的な興味を提供してくれる「楽しい人」に早変わりする。

 

常に正しい権力を求めている人は、優れた上司の下に付けば、喜んで決定権を委ねる。しかし、正しさへの「囚われ」から、上司の間違いや不公平さには敏感だ。人は、仕事の目標がわかる明確なガイドラインの設定によつて、役割分担をはつきりしてもらうことで安心感を覚える。責任感が強いので上司を有能と認めれば、責任を果たそうとする。しかし上司に否定的なら、人は、無難にこなすことだけを考え、責任を負わない可能性がある。