ザクザク出てくる自己啓発

ザクザク出てくる自己啓発記事一覧

他者の能力を尊敬できる

人が、相互の信頼を築くためには、きちんとした議論を交わすことが重要で、細部までしっかりと詰めた話し合いが必要と考えている。責任の範囲をはっきりさせれば、その範内での完壁さをめざすことができるからだ。多くのスタッフのひとりとして、自主的な判断に従って仕事を進めていくと、完壁さの定義ができず、しかも、他...

≫続きを読む

他人の行動

九つの人は、皆、まったく異なる思いで生きているからだ。これは知レベルや環境、文化などと無関係な異質性だ。ぞしてそうした異質性をもった人々が、寄り集まる企業などの組織でうまくゃってぃくためには、互いの個性を尊重することが前提となる。考え方を知ることのもうひとっのメリットは、他人の行動を″観察″の視点で...

≫続きを読む

正しい指摘ほど人は拒絶感を感じる

人の部下が、仕事をしたがらないことがあっても、多くの場合、怠けたいから仕事を拒絶しているわけではない。それより上司であるあなたの指示に承服できずに、無言の抵抗をしている可能性の方が高い。それを「君は人だから怠情なのだ」などと決め付けてしまえば、人間関係は最悪のものになってしまう。一方、的を射た指摘を...

≫続きを読む

仕事のパートナー

「違いこそ豊かさ」というメッセージを受け容れるのだ。こうした点を前提に、相手の心に届くコミュニケーションと思いやりのある交流を心がければ、コミュニケーション・ギャップは非常に小さいものになる。すでに述べてきたように各人は、それぞれ独特なコミュニケーションの手法をもっている。そこで、本章では、他の人の...

≫続きを読む

のびのびと生活

達成していくという意志力が弱く、中途半端な生き方をしてきたと言えるかもしれません。また理論や知性より情で動かされてきた感じがします。人から真剣に何か懇願されると、自分の状態はそっちのけでそちらを優先してしまいます。そんな私が、考え方との出会い以降、心がけているのは、「物事を直視する」「眼差しを磨く」...

≫続きを読む

男でニキビケアするのは変か?

ニキビケアは男同士でやるものではないとお思いの方、空手、柔道、K‐1、ボクシングなど、最も男くさい格闘技の試合のあと、筋骨隆々の男たちがお互いの健闘を称えてニキビケアし合うのをお忘れですか。私も空手をやっていましたが、試合で戦った相手とは両手で握手し、とくに肌があれている人の選手とは必ずニキビケアを...

≫続きを読む